「ヒトはなぜ太るのか? 」

※「ヒトはなぜ太るのか? 」 ゲーリー・トーベス (著)

【控えめにするか、完全にやめるか? 230p後半
それは食事中にある程度の炭水化物を許容することは、人によっては元喫煙者に数本のたばこを許可するするとか、アルコール依存者から立ち直った患者に時々酒を飲ませるのと同じ事かもしれない。
それに対応できる人もいるかもしれないし、滑りやすい坂道と感じる人もいるかもしれない。特別な機会に時々食べるデザートが、週一回の贅沢になり、週二回になり、最後には毎晩になり、そして突然、、減量のための炭水化物の制限が失敗したと決めてしまう。
それを続けることができず、体重が元に戻ってしまったためである。]

追記
私見です。
内容は糖質制限中に炭水化物を食べてしまったことについて書かれていますが、低糖質なお菓子を食べた場合も、味も甘味も同じであれば、生理的に血糖値を上昇させなくても、脳には甘く美味しいものを食べた記憶が残るでしょう。そして糖質中毒、また甘いもの中毒が復活するかもしれません。】